読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Alive blog

デジタルとか映画とか生活などに関わるライフログを不定期更新

私がTSUTAYAを必要とする理由(日本語吹き替え+日本語字幕がやめられない)

f:id:mizhiro:20031101110748j:plain

日本語吹き替え+日本語字幕の理由

テレビが面白くないので、

毎週、週末はTSUTAYAで借りたDVDをカミさんと見ている。

 

たまに、小学生の子供も参加するので、

洋画は「日本語吹き替え+日本語字幕」、

邦画も最近は日本語字幕がついているので「+日本語字幕」で見ていた。

 

こうすると、声が聞き取れないところは、「日本語字幕」で確認。

途中、(気になったところをネットで検索したり)

ながら作業をするときは「日本語吹き替え」で内容を理解でき

とても、楽なことに気付いた。

以来、ずっと「日本語吹き替え+日本語字幕」でDVDを見ている。

 

 

昔は日本語吹き替えは邪道と思っていた

独身の頃は「英語+日本語字幕」で毎週10本ぐらいビデオを見ていて、

「日本語吹き替え」なんて

声やセリフが違うし、

オリジナルの微妙な雰囲気やニュアンスが損なわれているし

ぜんぜんだめだと思っていた。

 

でも、最近は独りでこだわって見るより、

家族で一緒に新作を見たり、

昔、面白かった映画に見たりして、

「おもしろかったねー」って言う楽しみ方に満足してる。

(おすすめの映画で、「つまんない」とか「わからない」とか言われると、

停止して、後で独りで字幕で見てるけどw。)

 

 最近のオンライン映画サービスについて

アマゾンのインスタント・ビデオや、

U-NEXT、楽天ShowtimeGYAOはどれも

この「日本語吹き替え+日本語字幕」ができず、

「英語+日本語字幕」or「日本語吹き替え」のみ。

(※huluはまだ使ったことがないので不明)

 

人間一度、楽覚えると戻れないんだよなぁ。  

オンライン動画サービスも使えるようにすればいいのに。

 

みんな「日本語吹き替え+日本語字幕」で見てないのかな。

 

「日本語吹き替え+日本語字幕」はかなり楽。

だから、TSUTAYAがやめられない。