Still Alive blog

デジタルとか映画とか生活などに関わるライフログを不定期更新

同級生が映画に出てて懐かしいやらはずかしいやら

f:id:mizhiro:20141221023104j:plain

家族で見るにはおすすめ

先日、TSUTAYAアプリに準新作半額クーポンが届いてたので、「オー!ファーザー」を借りてきました。yahoo映画で検索すると評価は3.08。そんなに期待せずに見たところ、娘がおおうけしてて面白かった。

 

映画に同級生が出てた

この「オー!ファーザー」に同級生が出ていました。役は、父親の一人。ギャンブラーの「鷹」。

芸能界にいるのは友達の話で知っていたけど、今回の再会は小学校卒業以来だから、30年ぶりぐらいか。(一方的な再会だけど)

小学校のクラスで人気者だったあの感じそのままで、懐かしく感じたとともに、オヤジになったなと思いました。でも、いい味だしてるよ。

ちなみに同級生の名前は「河原雅彦」。詳細は以下、参照。

河原雅彦とは編集

 

 

原作のイメージを再現できてる

伊坂幸太郎は古いものはだいたい読んでて、この「オーファーザー!」も読んだことあるけど(もう、だいぶ忘れてた)、原作のイメージどおりだったんじゃないかな。逆にイメージを再現できてる分、作った人のすごさを感じました。

 

やっぱり、映画はみんなで見るのが楽しい

映画も面白かったけど、子供や、奥さんのリアクションが面白かった。独りで見たら、こんなに面白いとは思わなかっただろう。

河原くん、これからも映画に出て、我が家を楽しませてください。