Still Alive blog

デジタルとか映画とか生活などに関わるライフログを不定期更新

【おすすめ映画】ラストミッション。娘を想う気持ちがとまらないコメディ?

f:id:mizhiro:20150214232229j:plain

家族で楽しめました

主演がケビン・コスナーとは知らずに、リック・ベンソン(脚本)の名前で期待もせずに(※)TSUTAYAで借りましたが、アクションではなくコメディ?と思うくらいとても楽しめました。みんなでわいわい見るのにおすすめします。

※LUCYでは期待して見たため、終わり方がよくわからなく残念な気持ちだったため、今回は自然体で見ることにしました。

 

内容や感想は下記レビューとほぼ同意見のため省略します。Wikipediaを見ると、批評家の評価がよくないと書かれていますが、娘によく思われたい主人公が思わずとってしまう行動に「あー。わかる。わかる」と共感でき感情移入できました。


ユーザーレビュー - ラストミッション - 作品 - Yahoo!映画

  

ストーリー以外について考えてみました

キャスティング

父親のケビン・コスナーと美人の上司、かわいい娘と、奥さん。キャスティングがすごくよかったと思います。

ケビン・コスナーは最近「エージェント・ライアン」で脇役で見かけ、そのときはだれでもできる役だなと思いましたが、この映画では、娘を想う父親の役を見事に演じきっており、彼なしにはこの映画なりたたなかったんじゃないかと思うくらい存在感がありました。「96時間」のようにシリーズになってほしいです。その際は、劇中で出てきた同じ娘を持つ父親の友達?も一緒に。。。

 

タイトル

原題は「3 Days to kill」で「ラストミッション」になったようですが、どうも「ミッション」と聞くと、ジャッキー・チェンのイメージがあり、そのせいでレンタル開始になってからずいぶん経って見ることになりました。見終わったあとだと、映画のイメージを日本語タイトルにすると、「ラストミッション」かな。とわかる気がしますが。。。初見だと、やっぱりジャッキー・チェンです。かといって、「3 Days to kill」だとプレイス・ビヨンド・ザ・パインズ」みたいにわからないし。翻訳は戸田奈津子さんがやってるからタイトルも戸田さんなんでしょうか?

 

タイトルコピー

タイトルはイメージ一致しませんでしたが、タイトルコピーの「弱点、16歳の娘」は秀逸です。中華丼の「うずらの卵」や、キャラメルコーン「ピーナッツ」ばりに、ハマッっています。よく考えたなと感心しました。

 

ロンドンについて

最近、映画でもテレビでもロンドンを多くみるようになりました。リック・ベンソン見てると必然的にそうなりますが。町並みがよく、いつか行ってみたいです。

 

最後に

この映画を面白いと思った人に次の映画をお勧めします。娘つながりです。

f:id:mizhiro:20150215114640j:plain

 


マッチスティック・メン - 作品 - Yahoo!映画