読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Still Alive blog

デジタルとか映画とか生活などに関わるライフログを不定期更新

美味しいチョコファッションに出会った話

f:id:mizhiro:20150315104814j:plain

当たりのオールドファッションに出会う

今日は家族でショッピングセンターに行きました。オープン時間にあわせて出発し、待ち合わせ時間を決め、ドーナツ屋でモーニングをたのみ、コーヒーおかわりしながらパソコンでブログを書くのが最近のショッピングセンターの過ごし方になっています。

 

今日は、花粉症がひどい娘が、花粉対策メガネがほしいということだったので、いつも行くショッピングセンターでなく、たまにしか行かないJINSがあるショッピングセンターに行きました。

 

そうして、いつものようにドーナツ屋に行き、いつものようにチョコファッションを取ろうとすると、見るからにいつものじゃないチョコファッションに出会いました。(上記の写真がそうです)

 

美味しいオールドファッションの条件

高校2年と大学4年間の計6年、ドーナツ屋でバイトしてて、最後の方はキッチンで製造までしてた私にはわかりました。このオールドファッションは美味しいと。

 

見分けるポイントは上面の割れ目です。上面の割れ目が開きすぎてるのは油を吸いすぎて美味しくないです、さらに、丸いドーナツの胴体に切れ目ができ多角形になってるようなものもダメです。

今日出会ったものは、綺麗なマルで、開きすぎず、閉じすぎず、絶妙な感じで、見るからに「美味しいよオーラ」を発していました。

このドーナツなんですが、いつもと同じ粉、同じ分量の粉や水の量でも、作り手によって全く違う味になるから不思議です。

本当にうまい人は、美味しいドーナツを同じように作れますが、私は残念ながらそうではなく、毎日バイト入って3ヶ月に1度ぐらいしか美味しいオールドファッションを作れませんでした。その当たりドーナツが今日、目の前にありました。

 

もう1つ美味しい条件があります。それは、出来たてであることです。粉が改良されて時間が経ってもだいぶ美味しくなりましたが、オールドファッションは本来、サクサクしたクッキータイプのドーナツで、揚げたては本当に音が出るほどサクサクしており、短時間の違いではありますが、店にならぶものとは全く別物の美味しさです。

目の前のは、さすがにこのレベルではありませんでしたが、それでもオープン直後でドーナツが数種類しか並んでないのを見ると、出来て時間が経ってないのがわかりました。

 

購入&そして食べてみると

やっぱり、見た目どおり美味しかったです。これ1個で今日一日が幸せになりました。

1個で幸せだったのですが、もう1個おかわりして、さらに幸せになったのは言うまでもありませんw。

おいしい一日でした。

f:id:mizhiro:20150315104738j:plain

あーぁ。いつものショッピングセンターがこうだったらいいのに。。。